第27回日本臨床工学会 出張報告

5/20(土)~5/21(日)に青森のリンクスステーション青森他で開催された「第27回日本臨床工学会」に、川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターから5人の技士が参加しました。

 

後輩の事前天気予報リサーチにより3日間とも晴れで夏日25℃以上ありますよ~の言葉を信じ、薄手の服装を準備。が、しかし前入りした日は朝夕気温10℃以下!!おまけに市街は海沿いで・・・さ・さむい

 

学会1日目:これから取り組みをすすめるO社の展示ブースでじっくりお勉強。

各テーマの担当者の方々が懇切丁寧に対応してくださいました。感謝です^^

そして、同内容のワークショップに参加。この日の〆は意見交換会。大間付近でとれたマグロの解凍と生を食べくらべました(なんて贅沢^^)が、やっぱり生はおいしいっ!!

 

学会2日目:3年目のK君は全国大会で初の口演発表。会場からのご質問も複数頂き、発表中は緊張感が所々で見え隠れしていましたが、なんとか無事に終えることができました。お疲れさま~ 来年はD君、I君頑張ろうね。

 

 

“一生行くことない”って思っていた青森に、思いがけず行くことになり、公私に充実した数日間を過ごせました。久しぶりに再会できた同窓生の皆様、いつもお世話になっているメーカーの皆様、ありがとうございました。

Loading