臨床工学技士(Clinical Engineer)とは?


「医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う者」です。さらに、医療安全の面から、病院にある様々な医療機器が安全に使用できるように、メンテナンスを行っています。このように、臨床工学技士は、病院において様々な医療機器を安全かつ効果的に使用するために、注目されている医療職種です。

 

主な業務範囲として、以下のものが挙げられます。

  • 血液浄化業務
  • 人工心肺業務
  • 呼吸治療業務
  • 手術領域(周術期を含む)での業務
  • 集中治療領域での業務
  • 心・血管カテーテル業務
  • 高気圧酸素治療業務
  • その他の治療機器(除細動器)
  • ペースメーカ業務
  • 埋込み型除細動器
  • 保守点検関連業務

 

「臨床工学技士基本業務指針2010」より抜粋

当院における臨床工学技士の主な業務について


◆臨床業務

血液浄化法

 

 腎臓の機能は低下した患者さんに対して、1.老廃物の除去、2.電解質の調整、3.酸塩基バランスの調節、4.水分の調節などの腎臓の機能を、人工的に代行する血液透析治療を施行しています。治療を受ける方の多くは、慢性腎不全に対して行われており、我が国において、現在、30万人以上の方が維持透析治療を受けられています。

 その他にも、全身の状態が悪い患者さんが、急激に腎機能が低下する急性腎不全に対しても、血液透析治療が行われることがあります。特に、敗血症性ショックや心臓手術等の高度な手術侵襲が加わった腎不全患者さんに対しては、集中治療室において、24時間、連続的に透析治療を行う持続的腎代替療法(CRRT)が施行されています。 

体外循環

 

心臓や大血管の手術を行う際に、一時的に心臓を停止させて手術をする必要があります。このような患者さんに対して、手術中に人工的に呼吸、循環を代行する装置が、人工心肺装置です。臨床工学技士は、人工心肺装置の操作、保守・点検を行うことにより、このような手術を安全に施行することに貢献しています。

 

集中治療

 

 術後に集学的な全身管理が必要な患者さんは、集中治療室(ICU)に入られます。川崎医科大学附属病院には、6FにICU/CCUと、救急ICUがあります。ここでは、呼吸状態が悪い患者さんが多いため、我々臨床工学技士は、人工呼吸器の保守・管理や、それぞれの患者さんに適した人工呼吸器の設定条件について、集中治療医や循環器内科医、看護師とともにディスカッションしながら、治療を行なっています。

 


◆保守管理業務

MEセンター

 

近年の医療技術の進歩に伴い、病院内における医療機器の保有台数は急激に増加しております。このような、医療機器が安全かつ、効果的に使用されるためには、適切なタイミングで保守管理する必要があります。臨床工学技士は、病院内にある医療機器を安全に使用できるために、年間を通じて計画的に保守計画を策定して、保守管理を行なっています。

 

 


◆教育業務

高度な医療機器を取り扱う上で、しっかりとした知識を有することは安全かつ効果的な治療を行う上で、必要不可欠です。我々臨床工学技士は、医療機器のスペシャリストとして、看護師さんや医師に対して、医療機器の取り扱いや現在の治療条件、起こりうるトラブルや対処方法についても、現場で説明しています。

 

写真は、ICUにおける大動脈内バルーンポンピング(IABP)や経皮的心配補助(PCPS)を施行している風景ですが、IABPの動作原理と、現在の患者さんに合わせた治療条件を他の医療スタッフに十分理解してもらえるよう、現場での教育を重視しています。

人工呼吸器は、病院のどこの部署でも使用する医療機器であり、かつ、インシデント・アクシデントが起こりやすいことが知られています。このため、臨床工学技士が中心となって、病院内の医師、看護師を対象に人工呼吸器に関する院内勉強会の実施が求められています。川崎医科大学附属病院においても、毎年、人工呼吸器の勉強会を院内全体として毎年1回、さらに、各部署の希望に応じて順次開催しています。

ICUで使用することが多い持続的腎代替療法(CRRT)装置は、限られた部署で使用されることが多いですが、その反面、安全かつ効果的な治療を実現するためには、CRRT治療に携わる医療スタッフが十分な知識をもとに管理する必要があります。CRRT装置の基本的な使用方法の説明のみならず、トラブルの原因やその対応方法などを、実際の装置を使用しながら研修を行なっていきます。