Topics

2016年度研究業績

ダウンロード
川崎医科大学附属病院MEセンター2016年度研究業績.pdf
PDFファイル 235.4 KB

2015年度研究業績

ダウンロード
川崎医科大学附属病院MEセンター2015年度研究業績.pdf
PDFファイル 213.6 KB

2014年度研究業績

ダウンロード
川崎医科大学附属病院MEセンター2014年度研究業績.pdf
PDFファイル 172.8 KB

2013年度研究業績

雑誌発表

 

 

高山 綾(日本呼吸療法医学会気管吸引ガイドライン改訂ワーキンググループ):気管吸引ガイドライン2013(成人で人工気道を有する患者のための(解説),人工呼吸(0910-9927)30巻1号 Page75-91(2013.05)

 

田中 直子(MEセンター):【第1部】人工呼吸器対応強化編Ⅱカラー写真で見る 人工呼吸器別の設定操作Servo-i®MAQUET Critical Care製), 呼吸器ケア2013夏季増刊(通巻140号)pp66-72

 

白髪裕二郎、小野淳一(MEセンター):透析手技:透析終了操作4抜針・止血, 透析ケア pp204-208

 

 

西海創、小野淳一(MEセンター):透析手技:プライミング3透析液濃度の確認, 透析ケア pp20-24

 

学会発表

 

小野淳一(MEセンター):透析膜の生体適合性に関する一考察, 日本医工学治療学会 第29回学術大会(神奈川), 2013.4.20

 

❍堀家英之(川崎医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科) 、小野淳一(MEセンター):急性腎障害を発症したrefeeding症候群の一例,95回岡山透析懇話会(岡山), 2013.6.8

 

❍堀家英之(川崎医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科) 、小野淳一(MEセンター):急性腎障害を発症したrefeeding症候群の一例,58回日本透析医学会学術集会(福岡), 2013.6.22

 

小野淳一(MEセンター): 安全かつ効果的な持続的血液浄化法の施行に向けて,第2回関西急性血液浄化技術ミーティング(大阪), 2013.7.7

 

小野淳一(MEセンター): VA管理の重要性と地域連携を目的とした情報通信技術(ICT)の積極的活用, 岡山透析合併症セミナー(岡山), 2013.7.27

 

小野淳一(MEセンター): 透析効率評価指標の基礎と応用, 第8回クリアランスギャップ研究会(東京), 2013.8.25

 

❍小野淳一 、白髪裕二郎、吉川史華(MEセンター): 穿刺針の脱血特性推定式を用いたVA狭窄診断法の確立, 第8回クリアランスギャップ研究会(東京), 2013.8.25

 

◯小野淳一、白髪裕二郎(MEセンター): タブレット端末を利用したVA管理システムの開発, 第8回クリアランスギャップ研究会(東京), 2013.8.25

 

❍小野淳一、白髪裕二郎、吉川史華(MEセンター): バスキュラーアクセス機能不全症例に対する実血流量、再循環率とクリアランスギャップの関係について,17回日本アクセス研究会学術集会総会(埼玉), 2013.9.22

 

❍白髪裕二郎、小野淳一(MEセンター): 川崎医科大学附属病院におけるVAIVT受入体制の現状と課題について,17回日本アクセス研究会学術集会総会(埼玉), 2013.9.22

 

❍堀家英之(川崎医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科) 白髪裕二郎、水津英仁、小野淳一(MEセンター): Dry Weightの検討によりカテーテル不全が改善したカフ型カテーテルの一例,17回日本アクセス研究会学術集会総会(埼玉), 2013.9.22

 

❍小野淳一,西海 創,水津英仁(MEセンター): DCS-73の複式ポンプ液漏れに伴う生物学的汚染の一例,日本HDF研究会(東京), 2013.10.27

 

❍水津英仁,小野淳一 (MEセンター): 安全かつ効果的な腹水濾過濃縮再静注法の至適治療条件の確立,日本アフェレシス学会(長野), 2013.11.3

 

❍布野 潤一, 佐々木 慎理, 高橋 亜也, 有信 一慶, 井脇 康文, 高山綾(MEセンター):NPPV 運用に関する臨床工学技士の積極的介入に関する検討」,第3回中四国臨床工学会(岡山), 2013.11.9

 

❍高橋亜也,布野潤一,水津英仁,佐々木慎理,高山綾(MEセンター):当院におけるペースメーカー業務の現状と展望,第3回中四国臨床工学会(岡山), 2013.11.9

  

❍小野淳一(MEセンター): VA管理における臨床工学技士の役割, 27回血液浄化基礎セミナ(東京), 2013.11.28

 

○水津英仁,高橋亜也,佐々木慎理,高山綾(MEセンター): 当院におけるペースメーカ業務と今後の課題,2回ペースメーカ・ディバイス研究会(岡山), 2014.1.11    

 

○井脇康文 吉川史華 高山綾: 当院における人工呼吸器研修会,20回呼吸療法研修会(岡山), 2014.1.25

 

❍吉川史華(MEセンター): Drヘリ内の医療機器への電磁波の影響について,41回集中治療医学会学術集会(京都), 2014.2.273.1

 

❍佐々木慎理、高山綾(MEセンター): ICU業務担当臨床工学技士増員に向けて~手術室業務兼務の有効性について~,41回集中治療医学会学術集会(京都), 2014.2.273.1

 

 

❍佐々木慎理、有信一慶、井脇康文、布野潤一、岡本拓也、吉川史華、山田光樹、高山綾(MEセンター): 血液希釈が原因と考えられる心停止を起こしたECMO導入の一例,41回集中治療医学会学術集会(京都), 2014.2.273.1

 

分担執筆

                 

 

○水津英仁,小野淳一(MEセンター):血液濾過装置・血液濾過透析装置, 臨床透析 6月増刊号 血液浄化機器2013 pp98-102

 

 

2012年度研究業績

雑誌発表

小野 淳一(MEセンター):【透析装置の最前線-自動化, モニタリング, 透析通信】モニタリング, 再循環率モニタ.臨床透析,286, p.713~718

学会発表

〇吉川史華(MEセンター):新人教育への新たな取り組み~新人教育テキストの作成と導入~.第22回日本臨床工学会,富山市,2012.5.13

 

〇小野淳一(MEセンター):各ダイアライザーの特徴とその治療条件について.第1回倉吉腎不全セミナー,倉吉市,2012.7.19

 

〇水津英仁(MEセンター)RO装置の紫外線殺菌灯異常劣化に起因するRO装置ならびに透析システム全体の汚染を経験して.第18回日本HDF研究会学術集会,横浜市,2012.9.8

 

〇小野淳一、吉川史華、白髪裕二郎(MEセンター)、川口拓郎、工藤雅大(川崎医療福祉大学臨床工学科)、依光大祐、春名克祐、堀家英之(川崎医科大学 腎臓内科):穿刺針の脱血特性推定式を用いたVA狭窄診断法の確立.第16回日本アクセス研究会,名古屋市,2012.10.14

 

〇小野淳一、白髪裕二郎(MEセンター)、依光大祐、春名克祐、堀家英之(川崎医科大学 腎臓内科):バスキュラーアクセス機能不全検出プログラムにおけるクリアランスギャップの有用性と課題について.第16回日本アクセス研究会,名古屋市,2012.10.14

 

〇小野淳一(MEセンター):透析量の質的管理法「クリアランスギャップ」.透析技術認定士認定更新のための講習会,大阪市,2012.10.20

 

〇小野淳一、水津英仁(MEセンター)、板東直紀、梅野侑貴、檀上弘樹(川崎医療福祉大学 臨床工学科)、堀家英之(川崎医科大学 腎臓内科)CBPの溶質除去特性からみた敗血症性ショックに対する作用機序の考察.第23回日本急性血液浄化学会学術集会,大宮市,2012.10.27

 

〇吉川史華(MEセンター):急性血液浄化領域の透析液の清浄化と濃度管理.第23回日本急性血液浄化学会学術集会,大宮市,2012.10.28

 

〇佐々木慎理(MEセンター):内視鏡手術における臨床工学技士の役割.第26回泌尿器内視鏡学会,仙台市,2012.11.23

 

〇井脇康文、佐々木慎理、布野潤一、山田光樹、高山綾(MEセンター):経皮的心肺補助装置の電源供給停止を経験して.第2回中四国臨床工学技士会学術大会,高松市,2012.11.25

 

〇小野淳一、白髪裕二郎(MEセンター)、川口拓郎、工藤雅大(川崎医療福祉大学臨床工学科)、依光大祐、春名克祐、堀家英之(川崎医科大学 腎臓内科):タブレット端末を利用したVA管理システムの開発.第7回クリアランスギャップ研究会,高知市,2012.12.1

 

〇高山綾(MEセンター)ICUのチーム医療を担う認定ICU専門臨床工学技士.第40回日本集中治療医学会,松本市,2013.2.28

 

〇佐々木慎理, 高山綾(MEセンター):集中治療室常駐の次を目指して.第40回日本集中治療医学会,松本市,2013.3.1

分担執筆(共著)

天野泉(天野バスキュラーアクセス診療所)、小野淳一(MEセンター):クリアランスギャップとは,クリアランスギャップの活用術.中外医学社.

 

春口洋昭(飯田橋 春口クリニック)、小野淳一(MEセンター):再循環測定,実血流量測定,クリアランスギャップ.バスキュラーアクセス診断学,中外医学社.

 

岡本和文(信州大学医学部救急集中治療医学)、柳下芳寛(独:国立病院機構熊本南病院)、高山綾(MEセンター)他:ナーシングケアQ&A41呼吸管理とケアー病態管理から学ぶ臨床の全てー,4章 加温加湿療法とケア.総合医学社.

2011年度研究業績

学会発表

○水津英仁、吉川史華、小野淳一(MEセンター)、上杉里枝、河口勝憲(中央検査部)、見手倉久治(附属川崎病院中央検査部)、堀家英之、佐々木環(腎臓高血圧内科):RO装置と異なるメーカーの個人用透析装置間での連動が可能となった極低濃度次亜封入装置の新システムの構築を経験して.第91回岡山透析懇話会,岡山市,2011.7.2

 

○小野淳一(MEセンター):バスキュラーアクセス機能不全に対する臨床工学的アプローチ.21回日本臨床工学会,大分市,2011.7.24

 

○小野淳一(MEセンター)CL-Gapの理論とピットホール.第13回日本アクセス研究会セミナー,横浜市,2011.7.24

 

○小野淳一、吉川史華、水津英仁(MEセンター)、堀家英之、佐々木環 (腎臓高血圧内科):牛血液系実験を用いた3種類の 再循環測定装置の測定精度の検討.第15回日本アクセス研究会学術集会・総会,東京,2011.9.19

 

〇吉川史華、白髪裕二郎、井脇康文、水津英仁、小野淳一(MEセンター)、堀家英之、佐々木環(腎臓高血圧内科):穿刺針の脱血特性推定式を用いた実血流量の低下原因の鑑別方法.第15回日本アクセス研究会学術集会・総会,東京,2011.9.19

 

○佐々木慎理、高山綾(MEセンター):MEの現状と今後~私立大学病院 川崎医大の場合~.第1回中四国臨床工学技士会学術大会,米子市,2011.9.19

 

○小野淳一(MEセンター)、堀家英之、佐々木環(腎臓高血圧内科):Non-renal indicationとしての持続緩徐式血液浄化器に期待される溶質除去特性とは?.第22回日本急性血液浄化学会,久留米市,2011.10.30

2010年度研究業績

雑誌発表

田中直子(MEセンター):病院機能評価Ver.6.0を受審して-若手臨床工学技士とのマニュアル改善への取り組み-.学研メディカル秀潤社;Clinical Engineering,第21巻第12号,p.12371243.

 

小野淳一(MEセンター):透析量を正しく理解する-クリアランスギャップの意義と正しい使用法-.学研メディカル秀潤社;Clinical Engineering,第22巻,第2号.

 

小野淳一(MEセンター):特集3 実践!アラーム対応,3-1 静脈圧異常,3-2 透析液圧異常,3-3 TMP異常.透析ケア,第173号,p.230241.

学会発表

○小野淳一(MEセンター)、堀家英之、佐々木環、柏原直樹(川崎医科大学 腎臓内科):シンポジウム2 急性血液浄化療法 病態別標準化は可能か? 当院におけるContinuous Renal Replacement Therapy に関する院内標準化の試みと国内標準化への提言.第26回日本医工学治療学会,東京都,2010.4.2

 

○田中直子、吉川史華、宇野恵、水津英仁、石川智也、日田裕介、佐々木慎理、小野淳一、山田光樹、高山綾(MEセンター):病院機能評価Ver.6.0受審への取り組みを通して.第20回日本臨床工学技士会,横浜市,2010.5.22

 

○佐々木恵、田中直子、吉川史華、石川智也、水津英仁、福原佳奈、日田裕介、佐々木慎理、小野淳一,山田光樹、高山綾(MEセンター):医療機器管理に関するマニュアル改善への取組み~マニュアル統一に向けて~.第20回日本臨床工学技士会,横浜市,2010.5.22-23

 

○吉川史華、小野淳一(MEセンター)、白髪裕次郎、井脇康文(川崎医療福祉大学臨床工学科)、堀家英之、佐々木環(川崎医科大学腎臓内科):臨床条件下における透析穿刺針の脱血特性の評価について.第5回クリアランスギャップ研究会,岡山市,2010.8.28-29

 

○高山綾(MEセンター)チームで取り組む人工呼吸の安全教育について.3回山形県技士会呼吸セミナー,山形市,2010.10.17

 

○小野淳一、佐々木慎理(MEセンター)、堀家英之(川崎医科大学腎臓内科):パネルディスカッション 敗血症性ショックに対する血液浄化量の意義.第21回日本急性血液浄化学会,横浜市,2010.10.23

 

○小野淳一、吉川史華(MEセンター)、堀家英之、佐々木環(川崎医科大学腎臓内科):シンポジウム バスキュラーアクセストラブルの早期発見を目指して.第14回日本アクセス研究会学術集会,山梨県,2010.10.30

 

○水津英仁、吉川史華、小野淳一 (MEセンター):個人用透析装置の濾過ポンプ・原液注入ポンプフラッシングラインの閉塞に起因する細菌汚染を経験して.第16HDF研究会,神戸市,2010.11.20-21

 

○小野淳一(MEセンター):特別講演 透析量評価の最前線透析量の意義と質的管理法.()兵庫県臨床工学技士会第12回血液浄化セミナー,神戸市,2011.1.30

 

○佐々木慎理(MEセンター):教育講演3 ICUにおける透析管理.第38回日本集中治療医学会,横浜市,2011.2.24-26

 

○佐々木慎理、日田裕介、山田光樹(MEセンター):送血管の血栓閉塞によりECMOを緊急回収した1例.第38回日本集中治療医学会,横浜市,2011.2.24-26

 

○高山綾、田中直子、山田光樹、佐々木慎理、日田裕介、佐々木恵(MEセンター)当院の集中治療部門における臨床工学技士の現状と課題.38回日本集中治療医学会学術集会,横浜市,2011.2.25

 

○小野淳一(MEセンター):特別講演 透析効率とクリアランスギャップの基礎.()大阪府臨床工学技士会学術集会,大阪府,2011.3.20

分担執筆(共著)

小野淳一(MEセンター):第10章 持続的血液浄化療法 1.持続的血液浄化療法の適応,2.持続的血液浄化療法の原理,3.各適応におけるCBPの治療.臨床工学講座 生体機能代行装置学 血液浄化療法装置,p.321341,医歯薬出版株式会社.

2009年度研究業績

学会発表

○小野淳一(医療機器管理センター):持続的血液浄化装置の有すべき安全基準項目としてのバランス精度の必要性.第19回日本臨床工学会,徳島市,2009.5.9

 

○佐々木慎理、高山綾(医療機器管理センター):「emergencyICUとして求められる臨床工学技士の役割.19回日本臨床工学会,徳島市,2009.5.9

 

○小野淳一、佐々木慎理(医療機器管理センター)、望月精一(川崎医療福祉大学臨床工学科)CBP血液回路における血液淀み抑制による抗血栓性の向上.第32回日本バイオレオロジー学会年会,桐生市,2009.6.4

 

○小野淳一(医療機器管理センター)Continuous Blood Purification(CBP)における臨床工学技士の役割.54回日本透析医学会学術集会,横浜市,2009.6.6

 

○吉川史華、日田裕介、小野淳一(医療機器管理センター)、田路雄基、吉岡美紀(川崎医療短期大学臨床工学科)、十倉健彦、佐々木環(川崎医科大学腎臓内科)VA機能不全のスクリーニング検査としてのCL-Gapの有用性と課題.第54回日本透析医学会学術集会,横浜市,2009.6.6

 

○高山綾(医療機器管理センター):院内における人工呼吸器に関する教育手法の実際と問題点『当院における人工呼吸器に関する安全教育』.第31回日本呼吸療法医学会学術総会,山形県天童市,2009.7.10

 

○田中直子、山田光樹、高山綾(医療機器管理センター):医療機器管理業務実習における指導内容改善策についての検討.第59回日本病院学会,熊本市,2009.7.24

 

○小野淳一(医療機器管理センター):持続的血液浄化領域における抗凝固剤の使用方法.第20回日本急性血液浄化学会,札幌市,2009.10.9

 

○小野淳一、佐々木慎理(医療機器管理センター)CBP血液回路における血液淀み抑制による回路寿命の向上.20回日本急性血液浄化学会,札幌市,2009.10.9

 

小野淳一、○吉川史華(代理発表)、水津英仁(医療機器管理センター)、堀家英之、佐々木環(川崎医科大学腎臓内科):再循環式多人数用透析液供給システムの透析液pH安定性に関する検討.第15回日本HDF研究会学術集会・総会,徳島市,2009.11.21

 

○小野淳一(医療機器管理センター)、堀家英之、佐々木環(川崎医科大学腎臓内科):超低出生体重児に対する持続的血液浄化法を施行する機会を得て学んだこと.第12回新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム,長野県大町市,2010.2.17

 

○佐々木慎理、吉川史華、小野淳一(医療機器管理センター):回路内圧急上昇に伴う緊急回収の防止に向けた取り組み.第37回日本集中治療医学会,広島市,2010.3.4

分担執筆(共著)

高山綾(医療機器管理センター)、通山薫(中央検査部):第一章 チーム医療 総論4.医療従事者を知る 8.臨床工学技士.臨床病理レビュー特集第144号,p.3033,克誠堂出版.