高度救命救急センター

高度救命救急センターは、昭和54年に岡山県内における重症救急患者の収容・治療の中心的施設として、国・県・大学が一体となって県下で初めて開設された救命救急センターが本体となり、平成6年に開設されました。平成8年には災害拠点病院に指定され、災害発生時における救護班派遣や救援救護の訓練を実施し有事に備えています。また、従来の重傷救急患者に加え、熱傷、中毒などのより高度で特殊な重症患者の収容、治療を行っています。

平成11年からドクターヘリを配備し、平成13年から本格的に運用が開始され、平成16年には脳卒中科のSCU(脳卒中集中治療室)が併設されました。岡山県から近隣他県の三次救急医療はもとより、地域医療の中核として初期救急、二次救急医療体制を整えており、『24時間いつでも診療を行う』という当院の基本理念は開設以来貫かれているものです。

このような高度救命救急センターでの診療は、救急科を中心に小児科を含む全科の医師がバックアップすることで専門性の高い救急医療体制を組んでいます。

 

救命救急センターにおける臨床工学技士の役割

 

臨床技術提供業務としては、ICU 8床、SCU 6床、病棟、外来の重症患者さんや救急患者さんに対して、人工呼吸器の1日1回の使用中点検(ラウンド)や、血液浄化装置の操作を行っています。PCPSは使用開始時から離脱までに必要な操作・点検を行なっています。保守管理業務としては、救命救急センター内にある機器のほか、ドクターカー、ドクターヘリに搭載されている機器についても管理しています。

 

 

Topics


2013.3.18 最新情報を載せていきます


人工呼吸療法

業務内容


人工呼吸使用中点検

1日1回必ず行います。患者さんの状態把握、設定の確認、使用状況などを確認しています。

医師や看護師と情報共有し、患者さんが一番安全で一番楽な呼吸状態になるよう治療を進めていきます。

 

機器一覧…救命救急センターで使用されている機器

ICU サーボi 15台(成人用・・・12台、乳幼児用・・・3台) BiPAP V60 1台

 

救急外来 BiPAP V60 1台

 

 

 

 

 


急性血液浄化療法

補助循環



業務内容

急性腎不全、敗血症や循環動態の不安定な患者様に対する持続的血液浄化療法はもちろん、救命救急センター特有の薬物中毒の患者様に対する血液吸着療法、急性肝疾患の患者様に対する血漿交換療法などを行なっています。

検査データなどを分析し、療法選択・使用膜などの治療条件を臨床工学技士の視点から提案しています。

使用機器

ICU・・・ACH-10、ACH-∑

 

概要

救命救急センター特有の低体温の患者様や心肺停止状態の患者様、肺挫傷の患者様に対して、遠心ポンプと膜型人工肺を用いた閉鎖式回路の人工心肺装置により、大腿動静脈経由で心肺補助を行います。血液ポンプを用いて心臓ポンプ機能を代行することで、迅速かく確実に全身の循環を補助します。また膜型人工肺を使用することにより酸素化を改善させます。

業務内容

カニューレの選択からプライミング、導入、回収を行っています。施行中の管理、血液ガスの採取など行います。

使用機器

CAPIOX

 

 



保守管理

概要

救命救急センター内にある、人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・生体情報モニタなどの医療機器の点検・保守管理を行なっています。

もちろんドクターヘリやドクターカーに搭載されている医療機器についても同様です。

 

人工呼吸器 4FICU

ドクターカー


ドクターヘリ

救急外来



実績

 

救命救急センター実績 平成25(1月~12)

 

救急外来受け入れ…22,000

救急車約…4,000

救急科入院…600

ドクターヘリ…400

CPA140

ICUSCU入室630

緊急開胸開腹手術 25

気管切開…40

熱傷手術10