中央手術室

特定機能病院である当院の中央部門として中央手術室は、患者さんに24時間最良の高度医療を迅速に提供することを目標にしています。年間約8,000件以上の手術と血管造影検査、血管内治療が行われています。

最大の特徴は、手術室と血管造影室とともに、回復室、ICU・CCU(集中治療部)が同じフロアにあることです。このため患者さんに内科外科などの科の壁を超えて最適な高度医療や術後管理をふくめ24時間迅速に提供できる環境にあります。中央手術室では内科、外科を問わず各科の医師、麻酔・集中治療科の医師、看護師、放射線技師、臨床工学技士が密接に協力してチーム医療を行っています。

また、絶えず業務内容を見直して、患者さんの安全と医療の質の向上をめざしています。

 

特徴・特色

最新の設備と医療機器を備えて平成14年9月に西館6階に開設されました。13の手術室と4つの血管造影室からなっています。それぞれの手術室は移植手術の行えるクリーンルームをはじめ各科の手術が行いやすい設備環境となっています。開頭術、開心術、開腹術、鏡視下手術、小児手術、外傷手術などに加え、血管造影室では、心臓血管造影、脳血管造影検査、血管内治療が常時行われています。

 

各部屋は、余剰ガス排出装置を備え、それぞれ温度と湿度の調節が可能です。各部屋の中央にはドイツMAQUET社製の油圧式の手術台が配置されています。全身麻酔器にはSiemens社製多チャンネルモニター(心電図、パルスオキシメータ、自動血圧計、観血的動脈圧測定)が備えられ、それぞれのモニターは LANにより麻酔コントロール室、ICU内の中央監視装置とつながっています。また必要に応じて、経頭蓋ドップラー血流計、経食道心臓エコー検査など最新の装置を用いて手術中のモニタリングや検査を行うことができます。

手術中のレントゲン透視にはフィリップス社製移動型Cアームシステム装置、各種微小血管手術用に顕微鏡装置、鏡視下手術用にモニターなど最新の設備が装備されています。


中央手術室
中央手術室


Topics

新規で導入したME機器や、勉強会の様子をご紹介します。


MEの業務内容

臨床技術提供業務として心臓手術時の人工心肺装置・洗浄式自己血回収装置の操作、内視鏡下手術機器・各種レーザー装置や冠動脈治療デバイスのセッティングなど多岐にわたる医療機器の操作を行っており、保守点検業務として手術の際に使用される生体情報モニタや電気手術装置、麻酔器など各種装置のメンテナンスも行っています。また手術室で使用される機器全般(検査機器、放射線機器は除く)に関して使用中や使用後のトラブル対応を臨床工学技士が行っています。多数の医療機器が使用される手術室の中で、機器トラブルは手術中の患者さんに影響が及ぶ可能性があります。トラブルを未然に防ぎ、安全に手術を行える環境を提供することも臨床工学技士の大きな役割だと考えています。

 

人工心肺業務

心臓や大血管を治療する場合、心臓と肺の機能を一時的に止める必要があります。停止している間の血液循環と呼吸の機能を人工心肺装置で代行します。また、超音波血流計、自己血回収装置、心筋焼却装置などの手術の際使用される周辺機器の操作も行います。

 

当院では2人体制で手術に臨んでいます。チーム医療の一員として、医師・看護師・他のコメディカルの方々とコミュニケーションをとりながら、安全で質の高い医療を提供しています。

洗浄式自己血回収装置

術中に出血した血液を回収、濾過し赤血球と他の血液成分に分離(濃縮)、洗浄したあと、濃厚洗浄赤血球として患者さん本人に輸血(返血)するための装置です。緊急手術や術中大量出血、出血量の予測が難しい手術にも対応できるといったメリットがあります。

内視鏡下手術

内視鏡下手術は消火器外科、泌尿器科、小児外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科など様々な診療科にて行われています。

 

当院では内視鏡下にて行われる手術の際、各種モニタのセッティングや気腹装置の操作を臨床工学技士が行っています。また超音波凝固切開装置など周辺装置のセッティングも行うこともあります。トラブル対応など要請があれば対応しています。

 

 

 

各種レーザー装置

手術にてレーザー装置を使用する際には臨床工学技士が介入し、医師の指示の下に装置の設定、操作をしています。

下肢静脈瘤血管内レーザー
下肢静脈瘤血管内レーザー

一次性下肢静脈瘤(血管径2ミリ以下の大伏在静脈瘤または小伏在静脈瘤)の治療に使用する装置です。血管内にレーザーを照射することにより、血管を閉塞・血流を遮断することで下肢静脈瘤の改善が期待できます。

 

 

ホルミウム・Nd-YAGレーザー
ホルミウム・Nd-YAGレーザー

ホルミウムおよびNd-YAGレーザーは近赤外線領域の波長を持っており、人の目には見えません。当院では泌尿器科にてHo LEP(径尿道的前立腺切除術)などに対して多く使用されています。


ペースメーカ業務(外来、植込み立会い)

2008年から施行されたメーカー立会い規制に伴い、2013年4月より当院でもペースメーカー(以下、PM)業務を開始しました。現在は主に植込み業務と外来業務を中心に行っています。また、外科手術時の設定変更や、病棟・ICUでのチェック及びトラブル対応、放射線治療後のチェックも対応しています。

心臓カテーテル検査室関連業務

ロータブレーター

       

微小のダイヤモンド粒子でコーティングされた先端チップを高速回転(15~19万回転/分)させることにより、冠状動脈内の硬く石灰化した病変(プラーク)を削る装置です。プラークを切削、粉砕することで血管内を滑らかにし、血流を改善することが 可能となります。その他、POBAでの拡張不能病変 やCTO、分岐部病変などに対して用いられます。

 

臨床工学技士は、装置の準備を行い、術中は切削時間(1回につき30秒以内)回転数(切削時に先端のチップに加わる抵抗によって変化する)を読み医師に伝えています。 

手術ナビゲーション支援業務

現在当院では脳神経外科、整形外科、耳鼻科領域を中心に手術用ナビゲーションシステムを用いて手術を行っています。

手術用ナビゲーションシステムとは、実際の術野の位置情報を座標化し、これを術前に撮影した画像上に反映させ術中の位置確認を行う画像支援システムです。術者は、3次元的な術野のオリエンテーションを把握しながら手術が進行でき,、より安全で的確な手術操作が可能となります。

 

臨床工学技士は、術前に撮影されたMRIやCT画像をナビゲーションシステムに取り込み、各画像の重ねあわせや3Dモデルの画像作成等を行います。手術当日には、患者入室とともに機械を準備し、医師とともにレジストレーションを行います。術中の操作やトラブル時の対応等も臨床工学技士が行っています。

(その他従事している業務)

 

  • 補助循環業務

       緊急時にはIABP、PCPSを準備し、その後の集中管理にも関わっています(詳細は集中治療室のページ参照)。

  • 体外式ペースメーカの管理

       手術室にて使用される体外式ペースメーカは臨床臨床工学技士が貸出、返却、点検など一元管理を行っています。

  • 除細動器

       緊急時の使用に備えて1日1回の動作チェック、各種備品の管理などを行っています。

 

                                                                       など


手術の実績 平成25年(1月~12月)

手術件数:8379件

麻酔件数:8349件

  • 全身麻酔:4359件
  • 硬膜外麻酔:125件
  • 脊椎くも膜下麻酔:208件
  • 伝達麻酔: 251件
  • 静脈麻酔: 16件
  • 局所麻酔: 3,390件 

 

循環関連症例

  • 人工心肺症例数(過去3年間)

2011年 :73例

2012年 :99例

2013年 :83例