集中治療室


特色・特徴

 集中治療室では心臓大血管手術や脳血管外科手術後などの予定及び緊急手術後患者や

ショックバイタル、急性呼吸不全などの重症患者管理を10床の稼働にて行っています。

重症患者の管理を行う中で麻酔科医師、主治医、看護師、臨床工学技士、理学療法士など

多岐にわたる職種にて協力してチーム医療を実施することで質の高い医療を提供できるよ

う努めています。その中で、臨床工学技士は医療機器が安全に臨床で使用できるよう始業

点検や使用中点検、定期点検などを行っています。また、臨床技術提供として血液浄化

 療法や呼吸管理療法、補助循環療法などの分野で患者に貢献できるよう努めています。


集中治療室における臨床工学技士業務

保守管理業務

保守管理業務として始業点検を行っており、人工呼吸器、輸液、シリンジポンプなど

1患者1使用で患者に使用され点検を行った機器のみ貸し出されます。

また、ベッドサイドにて医療機器の使用中点検も行っています。

 

その他に計画書に基づいた定期点検の実施や機器トラブル時の対応を行っています。

臨床技術提供

臨床技術提供として、急性血液浄化、特殊血液浄化(PEPMXなど)の施行、非侵襲的(NPPV)、侵襲的(IPPV)人工呼吸器の操作、補助循環装置(PCPSIABP)の導入、管理なども行っています。