先輩からの声

 

 

 

 

 

 

私は入職して2年目になります。

私が川崎医科大学附属病院を希望した理由は幅広い業務を行うことができるというところにあります。当院では機器管理・血液浄化・OP業務の基礎的業務を3年目までに8カ月のローテーションを行うことで習得していきます。私は1つ目の配属部署である腎センターを終え現在ではOPICU業務に従事しています。OPICUでは内視鏡業務などを主に行っており機器と患者さん両方をみることのできる臨床工学技士を目指して頑張っています。 

当院では女性の臨床工学技士も多く活躍しており仕事でも私生活でもたくさん相談に乗って下さります!!

 

みなさんもジェネラリストを目指して私達と一緒に働きませんか?

 

 

 

私は入職して4年目になります。現在では救命救急センター・OPICU業務に従事しています。

私が川崎医科大学附属病院を希望した理由は当院の教育方針にあります。当院ではローテーションを行っており、まず各部署のME業務を行うことで基本業務(機器管理、一般OP業務、ICU業務等)の習得を目指します。その後、専門業務(カテーテルアブレーション、ペースメーカ、人工心肺、CRRTなど)の習得を行い、スペシャリストになるための知識・技術を身につけていきます。私は今年度よりカテーテルアブレーションやペースメーカ、血液浄化当番を担っています。日々臨床現場で多くのことを学び、向上心を持って仕事をしています!!

 

毎年45人の新人職員が様々な大学から入職しており、年齢の近い先輩がたくさんいます。なので、仕事や私生活の悩み相談が気軽にできることも当院のMEセンターの特徴です。この恵まれた環境の中で皆さんも一緒に働いてみませんか?

 

 

 

 

 

 

私は入職して6年目になります。現在、OPICUで働いていると同時に循環業務(人工心肺、補助循環操作)davinci業務(ロボット支援手術)を担当しています。

個人的な事にはなるのですが、昨年は2人目の子供が生まれ、職場の方の協力のもと育児休暇もいただきました。川崎学園は、子育て支援企業であることを厚生労働省が認めた証である「くるみん認定」と言われる認定を受けています。男性で育児休暇を取得している企業は全国的に見てもまだ少ないですが、取得しやすい環境だと思います。

 

色んな業務をしてみたい、育児との両立を考えている方、WLBを充実させながら一緒に働きましょう。

Loading